スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSX-S1000 ZETAブレーキ/クラッチレバー取付け

2016.06.22.Wed.01:00
GSX-S1000のクラッチレバーはワイヤー式で純正品は位置の調整が出来ないのが難点。
クラッチレバーがもっと近い方が好みなので位置調整できるレバーに交換する事に。



購入したのは
ZETAジータ/パイロットレバーブレーキ ZS61-1410

ZETAジータ/パイロットレバークラッチ ZS61-2410

位置調整できて可倒式である事、シブめのカラーも気に入ったのが決め手。
ZETAはオフロードバイクに乗っている方ならお馴染みですよね。
セロー250もZETAジータ/アーマーハンドガードを以前は取り付けていて、
知っているブランドだからってのもありました。



IMG_2826.jpg
ブレーキレバー比較図
先端の玉ひとつ分ほどZETAの方が短い。

IMG_2827.jpg
実際握ってみると、指4本掛かるしショートでも違和感ないですね。

IMG_2825.jpg
クラッチレバーが自分好みの位置になった。

IMG_2832.jpg
交換作業は特に難しい所もなく両方のレバーを交換して30分程度で完了。
変なガタつきも無く質感はいいと思います。
見た目もカッコよくなりました~♪






関連記事
コメント
No title
油圧式は調整できないのが殆どですが
ワイヤー式で調整できないのは知りませんでした。
Re: No title
>麿呂さん
クラッチの遊びではなく、レバーそのものの位置調整です。
書き方が分かりづらかったですね。
XJRは油圧式クラッチで重かったけど、レバーのアジャスター付で便利でした。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。